病棟保育士の求人に応募するには?

保育士になりたい!そんな思いを抱える方は年々増加傾向にあります。保育士の仕事に興味があるし、何より子どもが好き。子どもと関わる仕事がしたい。そういう風に考えている方が多いようです。

保育士と言う職業の中でも病棟保育士というものがあります。病棟保育士は場所によっては医療保育士と呼ばれることもある、簡単に言えば医療知識を持った保育士のことを指します。病棟保育士になるためには当然ですが、保育士資格が必要となります。

保育士資格を取得するには大きく分けて二通りの方法があります。一つは厚生労働大臣指定の大学や専門学校に進学し、その課程を修了することで資格を得る方法。もう一つは毎年一回行われる国家試験に臨み合格する事です。受験資格は誰にでもあるわけではないので、その点については注意してください。

病棟保育士は保育士になりたいという人が増加するのと比例するように、その仕事に従事したいという方が増えている一方で、病棟保育士の求人募集はあまり多くありません。採用する側の病院も保育士としての経験がある人を優先的に採用する傾向にあるので、保育士の資格を取得したら数年は通常の保育園に勤務して実績を積む方法が病棟保育士になる近道かもしれません。

保育士として、子どもたちの成長を実感し、経験を積んだ上で病棟保育士になります。病棟保育士といっても、基本的な仕事は保育園と共通することが多く、子どもの身の回りのお世話や援助などをしますので、保育園勤務の経験は活用することができるでしょう。病棟保育士として働くには先述の保育士としての知識に加え、医療や心理学などの専門知識も必要となります。医療分野の知識としては子どものアレルギーや病気の事、心理学分野としてはカウンセリングや児童心理学について学ぶ必要があります。病気や心の不安で悩む子どもの事を救いたいという強い情熱が必要な職業です。ひとりひとりが違う内容で不安を抱えているので臨機応変に対応できることも必要となります。

保育士としての実績や経験を積みながら、専門知識の勉強をして準備を整えます。病棟保育士は需要が少ないので求人は常にチェックしていたほうがいいです。ボランティアで一時的に仕事を体験させてもらうのも、その次につながる可能性があります。参入の機会はなるべく多く持つようにしましょう。

そこまでの情熱を持って機会を待っていれば、求人があった際に経験があるということも採用側に伝えることができると思います。そうすれば採用される可能性を高めることができます。

保育園に通う子どもたちとはまた違った面を持つ子どもを見る病棟保育士。やりがいとしては十分だと思います。

コメントは受け付けていません。