一石二鳥な休日のすごし方

夫が仕事で居ない休日、いつも元気盛りの保育園児、娘と息子を持て余します。

しかし今日は、無言で掃除を始めました。まず掃除機をかけて床をぞうきんがけすると、娘と息子が珍しそうにやってきます。ですので、ここぞとばかり娘と息子にそれぞれ、自分の名前を書いたぞうきんを用意しました。娘も、息子も床から机、壁に至るまで一生懸命、ぞうきんをかけてくれます。キッチンのコンロやバスルームも、ぞうきんをせっせとかけます。廊下は競争しています。

私は娘と息子に掃除を任せて、少し休むことにしました。

まだ娘と息子は掃除がしんどいものとわからないので、せっせとあちらこちらを拭いています。子どもたちの体力も消耗できたし、何より楽しそうに過ごせたのが印象的でした。

家もきれいになったし私も楽できるし、一石二鳥な休日を過ごしました。

コメントは受け付けていません。