新米を精米してきました

先日新米をいただく機会に恵まれて、やっと古いお米がなくなったので精米をしてきました。精米自体はじめての体験だったんですが、パラパラと落ちてくる白米から米特有のなんとも言えない香りがして面白かったです。

帰ってきてからは夕飯作りです。とりあえずお米を研いで、炊きました。それから筑前煮を作ろうかと思い、JAで購入したごぼうやこんにゃく、人参と格闘しました。そしてそれらを適当に煮ます。鶏肉は骨つきのものが好きなので、手羽中をさっと湯引きしていれました。

煮はじめると野菜の香りが部屋中に広がって、もうこの時点で幸せです。お米の炊けてきた香りも広がり、お腹が待ちきれない状態になったところで、お魚を焼きました。今夜はアジの塩焼き定食。それから豆腐の味噌汁と漬物をだして、食卓に並べます。純和風な食事ですが、これが格別なんです。食べることができる幸せを噛み締めた今日この頃でした。

コメントは受け付けていません。