おまとめローンを検討する際の注意点

おまとめローンは、複数社から借り入れがある場合にそれを1社にまとめて1本化し、金利を軽減しようという狙いの方法です。一見何もかもいいことずくめのように見えるおまとめローンですが、デメリットもあるのです。それを理解して、おまとめローンを利用するかどうか検討しなければいけません。

確かに消費者金融から借り入れている場合には、それを銀行で借り換えると金利は安くなります。しかし期待したほど大きな軽減ができるわけではありません。実際に計算してみて、どれくらいの額になるかを知りましょう。

また金融会社は貸し倒れのリスクがある債務者には高金利で貸し付けることもあり、結局利息が増えてしまったなどと言う可能性もあるのです。

次におまとめローンにした場合に、今まで借りていた金融会社に対して利息制限法による引き直し計算が出来ない為、グレーゾーン金利を適用されたままの残高をそのまま支払うことになります。過払金請求が出来る可能性があるにも関わらず、それを放棄した形になるのです。

勿論完済後の請求もできますが、手続きに費用がかかり、結果的には軽減にならない場合もあるのです。

おまとめローンを考えるときには上記のことを念頭に置いて検討しましょう。

おまとめローンを賢く利用したい時に是非頭に入れておきたい心構え

複数の貸金業者からのキャッシングが何件も積み重なり、多重債務になってしまった場合、返済負担を軽減する唯一の措置は、おまとめローンの利用が一番賢い方法です。

複数の会社にまたがって借りているキャッシングを1本の会社に纏める事で、返済時に掛かる金利を常に低い水準値に統一し、返済する日も1月に1回にする事ができます。

もし銀行カードローンのおまとめを利用する場合は、消費者金融とは違って総量規制対象外に該当する事から、審査結果次第では更に新規借入できる枠を設けられる可能性もあります。

ただおまとめローンの契約審査は、普通のキャッシングローンを新規で利用する以上に、審査の難易度が高めとされています。

また、おまとめローンで借り入れ本数を1つの業者に圧縮できた事で、借入枠に余裕ができたと錯覚し、再び多額の借入を行ってしまう落とし穴も実は存在します。

おまとめローンは、複数社での債務元本を低い金利のローン会社に1本化する事にしか過ぎないので、元本自体は1円も差し引かれていない事を頭に入れておく必要があります。

他社借り入れ3件以上あったので毎月の返済額がいくらなのか分かりにくくなったことがあります。そこでおまとめローンをご利用して一社に借り先をまとめる ことにしました。おまとめローンは積極的に返済するためにご利用するローン商品で、金利が低くご利用限度額が高いのが特徴です。
参照元サイト:おまとめローンをご利用して借り先を一社に おまとめローンデータベース 

ですので、おまとめローンを利用するときは、まず自分の収入に応じた月々無理のない範囲で返せる金利のローンを選び、確実に返済を実行できる日が設定できる商品を選びましょう。

 

コメントは受け付けていません。