三月過ぎる頃に思い出す、友人の言葉

三月が過ぎ、四月になろうとしている。

春という時期はだんだん気温が上がり、ぽかぽかとした陽気になる。

それにつれて、外出する人が増え、花や草、虫が土から頭を出している。

春は芽吹く時期。

新しいことの始まりで、なんだかワクワクとする時期。

けれど、同時に別れの時期でもある。

とある友人が、「春は出会いの季節だけど、人と別れる時期でもあるから何だか悲しくなる」

その言葉を聞いたときはあまりピンとこなかったけれど、

三月になり卒業式が徐々に近づくにつれて、なんだか急に寂しくなった。

これから自分の希望に合わせてそれぞれの道をいくけれど、同時に今まで遊んでいた友人と別れなければならなかった。

会おうと思えばいつでも会うことはできるけれど、今みたいに頻繁に遊んだりすることができなくなってしまう。

それも、仕方がないことだけど、心のどこかで今の楽しい時間はずっと続くと思いこみ、卒業が近づいたことで別れることが現実味を帯びてきた。

今でも、その友人と時々連絡は取っているけれど、遊ぶことは中々できない。

友人と別れたことで、楽しい時間はあっという間に過ぎてしまう。だから、今を一生懸命に生きなければならないんだ、ということを実感した。

今年も三月が過ぎて四月になる。

桜が咲いて一気に華やかになるけれど、この時期になると必ず思い出してしまう友人の言葉。

コメントは受け付けていません。