フリピン語学留学について

フィリピン語学留学は、フィリピン現地の学校によっては短期一週間位のスタディープログラムなど複数の日本人用のプログラムが準備されており、また現地の学校の公開ホームページも公開せれており、フィリピン語学留学を考えて居る日本人にとっては情報がふんだんに有り、日本人経営・日本のツーリストなども参入しており他の英語圏での語学留学と比較すると安価に語学留学することができます。

お試し的な感覚のプログラムは、体験談ですがスタディーカリキュラムが朝早くから夕方(現地8時ころ)まで組まれている学校が多いので、ルソン島(首都がある島)よりもリゾート開発されて居るセブ島のどちらかと言うと、夜に少しふらふらしても治安がよいです。ルソン島のマニラ近郊はどうしても夜は治安が悪いですし、フィリピンは拳銃を所持することが出来る国ですから、アメリカのスラムをふらふらとするのと同じ感じです。

フィリピン共和国は本来の言語はタガログ語ですが、独立国家となる以前はスペイン・日本・中国などの国々が駐留しており、第二次世界大戦以降はアメリカの駐留が長く続きましたので第二言語として、現在は英語も小学校からの教育課程に入って居ます。

但し、気を付けて置かないといけない事は、国語がタガログ語なのでタガログ語はスペイン語がミックスしている部分もありますので、英語の発音とかイントネーションが所々違う部分が有りますので、フィリピン語学留学で習ったことが100パーセントの英語でない事に心がけて置かないといけません。日本語でもアメリカ米英語でも場所によっては方言があるのと同じことです。

フィリピン語学留学についての詳しい情報はここにも掲載されていますのでこれから行かれる方はぜひ参考にして下さい!

コメントは受け付けていません。