さすがに負けを認めたほうが・・・

自民党をはじめとした改憲勢力が参議院の議席の2/3に届いたと言う事で、

憲法改正発議が現実味を帯びてきたと言うべきだと思われます。

それぞれ言いたいことや思想はそれぞれでしょうが、この選挙の結果は間違いなく

「与党側の勝利」だったと断言できます。

何せ、野党側やその支援団体がが積極的に掲げていた「(改憲のための)2/3を阻止する」

と言う最大テーマが真正面からブチ破られたわけですからね。

勝敗の条件を積極的に大声で叫んでいた側が相手にその条件を達成されると言うのは、

普通の神経であれば言い訳などできなくなるでしょう。

が、その肝心の普通の神経=常識が無いんでしょうか。

選挙に負けた陣営である改憲反対派の各野党は、なにやらこんな捨て台詞を吐いています。

曰く「今回の選挙結果は必ずしも国民の意見を反映していない」

「与党が信任を受けたわけではない」

「我々は負けていない」等々。

あの・・・間違いなく、野党は負けたんですよ?

自分の側で出した条件を踏み越えられて、それはもうズタボロに。

その結果を受け入れられないようだと、次につながる反省にはなり得ないんですけどね?

コメントは受け付けていません。