知っておきたい自己破産のデメリット

自己破産と言えば、借金で首が回らずどうしていいかわからないとなった場合、国が法律で定めた債務整理の最終的な手段であり、破産が認められれば全ての借金が帳消しになり人生の再スタートを切れると言う大きなメリットがありますが、それと同時にデメリットも介在することを忘れてはなりません。

自己破産に於ける主なデメリットについて、始めにこれは皆さんもご存知だと思いますが、破産後のローン契約、クレジットカードの作成が困難となる事です。

これはもし裁判所によって破産が決定された場合、それぞれの金融機関が提携している信用情報機関にその情報が公開、記録される為です。

では一体どのくらいの期間その情報が残るかと言うと、その情報機関によってまちまちですが、一般的にはおよそ5年から7年と言われています。

次に官報の破産者名簿に氏名、住所が記載されます、官報はあまり馴染みのない響きかもしれませんが、官報とは国が発行する機関紙の事です、中には官報をとっていて目を通す人は当然いますが、一般的にはほとんど目にする事がないものです。

次に資格の制限があります、簡単に言えば資格の制限とは、破産した事によって就けなくなる仕事が存在すると言う事です。

どんな仕事に就けなくなるか、これはほんの一部ですが弁護士、司法書士、税理士、行政書士、通関士、公証人、証券会社の社員や銀行員と言った金融商品を扱う仕事、貸金業、質屋、警備員、生命保険を扱う全般の職業、旅行業等があります。また海外旅行等で長期間家を空ける時などもその都度連絡しなければなりません。

連帯保証人を巻き込んでしまう恐れがある、自己破産申請時に連帯保証人がいる債権がある場合、その連帯保証人も巻き込まれてしまいます、連帯保証人とは債務者と共にその債務の責を負う者の事を指すためであります。

つまり本来の債務者が破産申し立てを行ってしまうと破産は認められるものの、その債権は全て連帯保証人が負うことになり、場合によっては連帯保証人も自己破産と言う恐れもあるからです。

自己破産で人生の再スタートをはかる事は生きていく上で非常に大事な事とは思いますが、デメリットを考慮して責任のある行動も求められます。

自己破産の無料診断ができるサイトも参考にして下さい。

コメントは受け付けていません。