腕の立つ職人さん、歯医者さん編

どんな仕事においても、その道のプロフェッショナルの腕の立つ人というのは、いるものですね。

僕は医療に関してはズブの素人で、何も分からないんですが、今通っている歯医者さんで「この人腕が立つなぁ‥」と感じさせられたお医者さんがいます。

僕は左の奥歯に虫歯があり、痛み出したので歯医者に通っていたんですが、治療を受け始めて間もない頃です。

「ちょっと、前歯カチカチやってみて‥。あー、なるほどね。右より左の方が視力いいでしょ?左の側方がよく鼻詰まったりするでしょ?」

と、歯科医師さんが急に訳のわからない事を言い出したんです。

僕は『この人、歯医者さんだよな?なに言ってんだ?』

と、思いつつ歯科医師さんの質問に答えていきました。

すると歯科医さんはおもむろに、僕の前歯をガリガリと削り始めたんです。

歯科医師さんの話によると、噛むというのはかなりの力がかかっていて、噛み合わせが悪いと顔の筋肉が歪んで物の見え方や鼻の形、更には体全体の重心のバランスにまで影響するという事でした。

僕の噛み合わせが、均等に力がかかるように調整してくれたんです。

僕は、その話を聞いて「おお、この人スゴイな」と、感心してしまいました。

ただ、僕の虫歯とは全然関係ないんですけどね‥。

コメントは受け付けていません。