多様化する結婚観にも理解が必要

最近の婚活への関心の高さには驚くことばかりです。なぜにここまでの話題を集めるのでしょうか。

結婚するかしないかについては、現代社会では極めて自由なことといえます。昔であれば、適齢期を迎えても独身であるというだけで、さまざまなことをいわれたものです。まるで独身であることが悪いことかのように扱われるということもありました。

現代のように、多様性が認められる社会は極めて良い社会です。確かに少子高齢化の事態は決して良いということはできません。婚活ビジネスという言葉も度々のように取り上げられています。結婚に興味関心を持つ男女をマッチングするサービスです。実際に結婚相談所やお見合いサイト、マッチングアプリなどがきっかけになり、結婚にまでこぎつけたカップルも少なくありません。

結婚といえば、必ずしも男女で成立するという考え方も改める時代を迎えました。いわゆるLGBTへの理解も必要です。従前の常識で全てを考えることは控えるべきかもしれません。

コメントは受け付けていません。