本を読みにカフェに入った時の話

この前近所のカフェに行きました。割と混み合っていて、たくさんの人が勉強したり、おしゃべりしたり、仕事をしてる人がいるようです。私がカフェに行った目的は、ゆっくり本を読むためでした。ふと思ったのは、少し高めのコーヒー代を払ってまでここにに来る理由はなんだろう?ということでした。本を読む前に少し考えてみようと思って、周りを見渡しました。

適度な音量の音楽と、テーブルや椅子・ソファで区切られた空間、清潔さのある店内。あーそうか、ここにリラックスしに来てるんだと思いました。安定の素晴らしい接客、安全で清潔な店内、楽しいおしゃべりや、自分だけの時間。カフェが提供しているものは、コーヒーのような飲み物だけではなく、こういう環境も提供しているんだと感じました。

私もゆっくりするためにここに来ていましたから。ここにいるみんなは、コーヒーだけではなく「この環境」にもお金を払ってるんだなと妙な親近感を覚えながら、本を読み始めました。

コメントは受け付けていません。