終活の一環としての終活旅行について

終活旅行は終活の一環で墓地など訪れる旅行であり、旅行会社による日帰りバスツアーなど開催されてます。そして、これは2013年ごろから始まって散骨など埋葬法っ見学ツアープラン話題になりました。

そして故人での終活旅行は夫婦などでいろいろ墓地など巡ることが多いのです。そして有名な寺、教会訪ね歩いたり自分の思い出の地を数年ぶりに訪れたりして、今までの人生振り返るような旅行もあるのです。また終活旅行で実際霊園に行って見れば、自分の葬儀などについて考えるヒントを得られるのです。

具体的にお花種類や周囲の環境などについて考えられます。また、既にお花かってそこに入ることになってるときも第2,3の選択肢見つけられるケースがあるのです。

そして僧侶の法話などを聞き宗派ごと死生観を学べたりして、人の晩年の心あり方も参考になったりします。そして自分らしい最後はといったことを考える良いチャンスとなります。お花参りの時家族にどう弔ってもらいたいかといったイメージ浮かべたりもするでしょう。終活旅行で、それほど遠くない未来に訪れることになる最期を受け入れ、そうしたことで今後やるべきことわかって、前向きな気分になる方が多いです。そして、終活旅行はどういう場所行くべきでしょうか。

行先に決まりなくて、自由に生きたいところ行くのが本来の終活旅行で、希望あればどこ行くのが一番。そして、自分の趣味ある墓地を訪れるのも大きい意味ありますが特に思い当たることないときは著名人が祀られてる墓地など見て回ってみてもいいです。

歴史上の人物の墓などは終活でなくても観光などの一環でお墓参りする方が多いのです。そうしたお墓などみて回るうちは蚊の種類など違いに興味出てくるかもしれません。

そして徐々に自分の中で理想の墓についてイメージ固まってくるのです。そして、自分を見つめなおして人生の最後改めて向き合うといったメリットある終活力もそれほど堅苦しく考える必要はありません。行きたいと思える土地をリストアップして気軽に旅行計画立ててみましょう。

そして、エンディングノートは高齢者が書くものと思ってないでしょうか?もちろん書くに越したことないですが、年齢、健康状態関係なく書いておくメリットは多いです。

終活は誰もが初めてのことばかりです。最近では終活についてもいろいろとネットに情報が出るようになってきています。はじめての終活には終活専門にサポートをしているサイトなどを利用してみるのも良いでしょう。

コメントは受け付けていません。