30代半ばから流行を追うことがなくなりました

大体30代半ばくらいから服を購入することが少なくなったと言えます。その理由は10代の頃みたいに身長が伸びたり、体重が増えることによるスタイルの変化がほとんどなくなったからです。さらに20代の内はやはり流行に左右されたのでその年流行のモノを購入して、流行遅れになると新しいモノが欲しくなってしまうんですよね。

ですが30代になれば流行に左右されるのではなく、自分が好きなモノや自分に似合うモノを選ぶようになります。それにベーシックで長く着れるデザインのモノを購入するので毎年新しいアイテムを購入する必要がなくなったと言えます。

それは洋服だけではなく、鞄や靴、さらには小物などにも言うことが出来て、流行を追うのではなくいいモノを長く愛用したいといった考え方に変わってきました。それでクローゼットもスッキリしたし、かなり捨離断できるようになったと言えます。

コメントは受け付けていません。