久しぶりの赤ちゃんは小さくて可愛い

私は障害を抱えているので、障害者向けの施設で働いています。
利用者と、健常者の指導員さんとが共に、一つの大きめの部屋にいます。
利用者と、指導員さんの事務所は、壁とドア一枚で隔てられただけです。事務所を通って出入りもするので、互いの様子がよくわかります。
さて、女性の指導員さんにこのたび赤ちゃんが誕生しました。今2ヶ月です。お母さんとしては、仕事を持っているので保育所に預けたいのですが、幼すぎて、まだ預けられないそうなのです。
仕方ないのでこの女性は、しばらく子連れで出勤することになりました。
お嬢ちゃんで、なにもかもが小さいのです。お手々もあんよもお顔も。2ヶ月なので当たり前なんですが。
子供がいる人たちは「可愛い」を連発しながら、お顔を覗き込んでいます。
4人のお子さんがいる男性は、「女の子はおとなしいね」と言ってました。でも、その子は事務所にいる間、ほとんど寝ているので、おとなしいのはそのせいかもしれませんが。
一度抱っこさせてもらった時、久しぶりの赤ちゃんで、大喜びしました。
でも、回し抱きしていたせか、ぐずり始めたので慌てて、おかあさんに返したのでした。あれはもしかして「いい加減にしろ!」の抗議だったのかもしれません。
ともかく赤ちゃんは、今、作業所のアイドルです。
けれども自宅に帰ると大泣きして、しかも夜寝てくれないそうなのです。昼とはひどい変わりようだそうで、お母さんは困っていました。
仕事を持ちながら、育児に頑張っているお母さん、みんなで応援していますよ。

コメントは受け付けていません。