これから厳しい業界間違いなし

今はIOT、AIが進化し続けています。特に自動車業界に関しては自動車というハードも自動化が進み、さらにはインフラ面でも道路が自動化に対応しつつあるのはいうまでもありません。もちろん、個人で車の運転、ドライブを楽しむという需要は残り続けると思いますが、業務用はそうはいきません。たとえば、タクシードライバー。運送に関してははっきりいって効率化の面からも自動化はすすめるべきだというのが間違いない方向性になっています。ですから、自動車の運転を生業にしている職業はここ数年でもどんどんなり手が減っているわけです。ここにもれずに間違いなくタクシードライバーも含まれています。これから若い年代がこうした背景を踏まえるとタクシードライバーになろうという気持ちになるでしょうか。何かインセンティブ、またはメリットを感じない限り、どうしてもなり手は減る一方です。

コメントは受け付けていません。