花粉症の薬がいろいろある件

今年も花粉症の季節がやってきました。

小さな子どもがいるわたしは土曜診療の病院を受診するため週末まで民間療法と漢方薬でなんとか症状を抑制していました。

最初に行った病院は総合病院で土曜日の診療科目が内科だけだったので診察もさらりと終わって去年までと同じアレグラという薬を28日分処方されました。

その薬ももうすぐなくなるというときにもう一度総合病院で診療してもらうことをせずに土曜診療をしている耳鼻咽喉科を受診しました。

季節柄、専門医だけあって患者さんが待合室に溢れていました。

待ち時間の表示が120分以上となっているときは面喰いましたが、わたしの性格上待つことはそれほど苦痛ではなかったので根気よく待ち続けました。

診察は専門医だけあって鼻の穴を広げて見て「腫れてますね」と一言。

今までの薬の効果を問診されたので少し強い薬を希望しました。

そこで処方された薬がタリオンという薬です。

しかもODといって水なしで飲める薬だそうです。

花粉症の薬にもいろいろあるのだなと思いました。

コメントは受け付けていません。